組織協同のお知らせ 『VELDADEIRO/W.F. × BERENFIA』

この度、ヴェルダデイロは、BERENFIA(千葉県フットサルリーグ3部所属)と2020/21シーズンより組織協同をし、お互いを高め合いながら活動していくことをお知らせ致します。

組織協同としての主な活動

  • BERENFIAとヴェルダデイロの両チーム間での情報交換、合同練習や練習試合を実施する。
  • お互いの所属チームの学生選手を筑波大学生と共にFFCカレッジリーグやインカレ出場を目指し若手選手の育成と経験値向上を図る。

 


ヴェルダデイロ監督
永井コメント

この度、ヴェルダデイロはBERENFIA(ベレンフィア)と組織協同致します。

昨シーズンの終盤に、BERENFIA(ベレンフィア)よりご相談いただき、お互いのことを考えながら決定しました。

旧トルエーラ柏サテライトの経緯をお話ししていただき、若い選手たちの競技フットサルの場所が減っていく未来が想像できました

東京・神奈川などを中心とするの大都市は、先人達の普及活動や継がれたレガシーが存在していて、そもそもの競技フットサル者の人口も多く、大学生のリーグも確立していて、実力者も多数。北関東の環境とはかなりの乖離があるように感じています。

私は、北関東在住の高校生や大学生の若い選手たちが、競技フットサルをできる環境を少しずつ増やしていきたいと考えています。

ヴェルダデイロは、既に今季から筑波大学フットサル部と一緒にフットサル活動をしています。
BERENFIA(ベレンフィア)に所属している若い選手とも一度交流しましたが、パフォーマンスの高さに感動しました。

隆盛を極めていた時の関東リーグを知る奈須さんの経験も心強いです。

今後、BERENFIA(ベレンフィア)・筑波大学フットサル部・ヴェルダデイロは、それぞれの活動を尊重しながらも、
『若手選手の育成』、『北関東でのフットサルの発展』という点においては強く調和をとって活動していきます。


BERENFIA代表
奈須コメント

この度VELDADEIRO/W.Fと組織協同をさせて頂く事になりました。

BERENFIAというチームには多くの若手選手が所属しています。
そういった若手選手に対して練習やリーグ戦では公式戦という本番に臨むにあたり、あまりにも試合経験が少ないという悩みを抱えておりました。

そこでご縁があり、昨年関東2部リーグでの経験と今季から筑波大学との組織統合をされたVELDADEIRO/W.Fの永井代表にご相談させて頂く運びとなりました。

是非両チームの応援宜しくお願い致します。


BERENFIA監督兼キャプテン
中野コメント

永井代表とはお互いにリーグ昇格は勿論、若手の育成面や地域の方々に応援して頂けるチームを目指すという志しが合致し、また永井代表の人柄と思いに共感し、弊チームとの組織協同案を奈須代表に話をしました。

組織協同について、色々な可能性を模索しながらポジティブな方向へ進んでいければと思っております。

是非、ご期待頂ければと思います。

 

引き続きよろしくお願いします!